飲食店の内装工事の予算はどれくらいかかるのか

2013年4月16日

飲食店の内装工事の予算はあいまいにせず、明確な金額を決めることが大切です。 一番良くないのが「200万~300万円くらいで、良い飲食店にして欲しい」などという決め方です。最初は、はっきりとした予算はなかなか決まりません。 ですが、このような伝え方ですと、飲食店内装業者は、はたしてどういう風に提案をするべきかが決まらず、最終的な打合せの段階でお客様と飲食店内装業者の 間に意見や提案のズレが出てきてしまいます。ですので、決め方は、「予算は、いくらです。 これで可能な限り希望を取り入れた最高の飲食店を作ってください」と伝えて下さい。飲食店内装は、途中から金額を増やすと、お店全体のバランスがおかしく なってしまう場合が少なくありません。
飲食店内装業者は、あなたの提示した金額内で、お店全体のバランスを考えてベストな提案をします。 ただ、飲食店内装の場合は価格の相場も分からないものです。
住 宅などの場合、よく「坪単価何万円」などという言葉があります。しかし、飲食店内装に関しては、設備、材質、デザインなどによって全く異なります。新装の 場合は1坪あたり、30万円~65万円改装・居抜きの場合は1坪あたり、15万円~40万円これが、飲食店内装工事の大まかな価格相場です。

ま た、提示した予算内で工事計画を組んでもらえるかも気になるところですが、常識の範囲内でよほど無謀な提示をしない限りは、ほとんどの内装業者が予算に応 じた見積りを組んでくれますから、あまり心配することはありません。そのためには、見栄や外聞は気にせず、内装業者に対して実現可能な資金計画を正直に伝 えます。
内装工事は、契約に基づく商売ですが、どんな商売でも人と人とのつながりが基本にあることは変わりませんから、真摯な態度で信頼関係を築くことが大切です。
支 払いの際、ほとんどの内装工事は現金払いが基本になります。工事の見積りによって金融機関から融資を受けるのが一般的ですから、融資が決裁された時点で工 事に着手し、工事終了後に現金を内装業者の口座に振込むことになります。ただし、個人店で工事費が大きい場合には、2~3割の着手金を先に支払って残金を 工事終了後に請求されるという場合があります。また、厨房機器に関してはリースがありますから、足りない場合には、リースを活用するという方法もありま す。厨房機器のリースには審査がありますが、ほとんどの内装業者が仲介手続きをしてくれますから、必要な場合には相談してみましょう。

CONTACT US

各種お問合せはこちらから

ABOUT

TOP