内装工事や外装工事の施工で住宅が素晴らしく蘇ります

2013年2月2日

内装工事や外装工事には、飽きの来ない、それでいて落ち着きのある趣が好まれています。
その中でも外装のパターン塗り壁は、同じ材料でもクシ、ハ ケ、コテなどの道具で壁の表情が変わります。全て左官工事が主流になっており、様々な外装工事の展開があり、施工の種類も豊富です。家の外観に合わせなが ら、カラーなどを統一させ一体感を出します。また、壁に貝殻を埋め込んでメルヘンチックにしたり、左官職人ならではの仕事である、丸い門柱を豆砂利の洗い 出しで仕上げる施工、外壁、塀は、昔ながらの漆喰調で仕上げる施工などもあります。
内装、外装において近年、漆喰や珪藻土(けいそうど)といった左官材料を使った塗り壁が注目されています。
家に住む人と親近感がある土や木などの自然素材から作られる塗り壁は、様々な魅力があります。熟練した技術を持つ左官職人によって美しく優しい風合いの工事は、エクステリア・外構工事においても、満足できる仕上がりが実現します。
外 装工事には、小さな工事から大きな工事まであり、外壁の補修、塗装、テラス、ウッドデッキの設置や、その他にも屋根瓦の修繕、面格子の取り付け、取り替 え、カーポートの設置、門扉、フェンスの設置などがあります。また外回りの土間コンクリート舗装、ブロック塀の設置など多彩な工事があります。

芝生などの植物を使用した植生ブロックや、純和風漆喰調塀、光るガラスブロックはエクステリアの中でも人気が高い施工で、純和風でも洋風でも合います。また、珊瑚石花壇やジョリパット、空洞ブロック門柱は、高いセンスが伺われる仕上がりになります。
住宅のウッドデッキは、庭とマッチした風合いがある空間で、スペース次第では大きな物を取り付けることができます。
玄関前の、アプローチレンガ貼りは、玄関へ繋がる小道を素晴らしい空間に演出できます。その他にもデザインコンクリート施工、真砂土舗装があり、高いデザイン性と耐久性があります。
内装工事では、純和風の入洛塗り、漆喰塗りなどの昔からの工法が今見直されてきています。現代の住宅では殆どの壁はクロス張りですが、日本の和を演出する工法は、風情があり、和を強調する施工なので、職人が塗った壁は重みがあり、注目されています。
人 が住む住まいはそれぞれに好みがあります。好みを活かしながら耐久性、耐震性を考慮した外装、内装工事を行うことが最も大切です。また住む人が安心して暮 らせるような配慮にも注意しながら施工を依頼することも必要です。毎日快適に暮らせることは、住みやすい環境でもあります。

CONTACT US

各種お問合せはこちらから

ABOUT

TOP