オフィス設計、店舗などの構築にはすべてが任せられる建築士と相談することで理想に近づけます

2014年11月15日

快適で利便性の高いオフィスは、単なる職場というだけの認識を脱皮して、その環境の美化に力が注がれるようになりました。
オフィスの人員、使用家具・什器、ドキュメント量、資材量を把握し、問題点を明確にしながら最適な環境を生み出し機能的でフレキシブルなオフィス空間が理想的とされています。
明るく快適なオフィスを実現するために、最適な照明計画や空調設備に着目し、光熱費、賃料も含めたトータルコスト節減を可能とする工法などがあります。
企画、設計、内装工事、家具什器納入、引越を総合的に提案し、理想的なオフィス造りが実現するビル管理会社などがあります。多くの関係者と良好なコミュニケーションを図り、思い通りのプロジェクトを完成させます。
オ フィス設計や店舗などは、創造性豊かでな企業イメージを反映したインテリアデザインで、オフィスでビジネスを活性化させる設計が望ましいと考えられます。 居心地の良いオフィスは仕事の効率も良く、その場所で仕事が捗る構造、造り、動線が好ましく安全性まで配慮された設計が最も理想です。明るく快適で、働き 易いオフィスプラニングを提案し創造性豊かなオフィス環境を実現させるためには設計の段階で設計士と相談しながら将来を見据えた設計にしたいものです。

限られた予算内でかつ短い工期で新しい環境を創造し、セキュリティーを確保し、かつ安全で災害時に避難の容易な執務空間を提案し、機能的でビジネスを活性化できるオフィス環境が1番望ましい事です。
コ ストマネージメントを含めた全ての問題を、オフィスのプロが設計し、機能的かつデザイン性の高いオフィスをつくります。オフィス創りのプロは、トータルな 企業イメージ戦略の一環としての、企業環境や企業イメージという視点で捉えられるようになりました。またOA機器の導入によるペーパーレス時代に適合した クリーンな環境づくりと、それによる作業の効率化をはかるということがあげられます。

より高い視点での効果は、時代に即した先進的思考を 育てる環境を作り出すことであると思われます。このような時代にあったオフィス創りが、企業の発展と相関関係にあるのが今日の時代であり、人間一人一人の 能力を最大限に引き出し、多機能なオフィス創り、店舗創りになっています。オフィス設計は、一級建築士事務所としての確かな技術と、将来を見据えたオフィ スづくりを探究され、これからの未来のオフィス・店舗・住宅 を思考し続けます。まず信頼なる建築士と向き合う事が大切で、オフィス、店舗の内装に関わるデザイン、設計、内装工事、オフィスインテリアの企画など相談 し理想的なオフィスを創りましょう。

CONTACT US

各種お問合せはこちらから

ABOUT

TOP