内装工事の多様なデザインで室内の雰囲気が大きく変わります

2013年4月16日

オフィスのデザインは、オフィスの新装、移転、リニューアル、レイアウト変更時のオフィスデザイン・設計・内装工事だでなく、オフィス物件探し、備品什器の手配代行までオフィス新装・移転のトータルソリューションとしてサービス提供している企業が多いです。
1案件毎にプロジェクトマネージャー、デザイナー、営業がタッグを組んで、理想のオフィス空間を追求し、またデザインのプランニングから、設計・施工後のお引越作業までワンストップで実現します。
徹 底した独自のコスト管理システムにて、低コスト化を実現することが可能です。通常のオフィスプランニングはまずお客様からどんな内装にしたいかのヒアリン グからプロジェクトが始まります。多彩なモデルオフィスでは、まず理想に近いデザインを選び、その中から要望に合わせてカスタマイズして行く手順になって います。
様々なオフィスプランニングの形式があり、ニーズに合わせながら完成させる技術が進化している時代です。 理想のオフィスをコンセプトとしたリフレッシュルームなど、デザインのペースで、新たなオフィス空間をモデルオフィスとして提案し働きやすい環境を創りま す。また住宅でも同様、内装工事のプランニングは全てオフィス制作の手順と変わりません。

理想をコンセプトに、リフレッシュ効果やコミュ ニケーションを促進する効果活用した様々な空間を演出することで、自由で伸び伸びとした住環境が実現します。作業の合間でリフレッシュするためのスペース として、また他のプロジェクトチームのメンバーとのコミュニケーションの場として使われる事が多いので、社内の営気を養う事が可能です。
内装工事 は色々なデザインを加える事で外観が大きく変わってきます。まず、現地調査として、現地を見て、設備の確認や寸法の計測をします。次にプランニングを行 い、お客様のご要望に合った最適なプランをコーディネートします。その後プランニングを行った内容の提案をされ、提案内容を元にお客様の意見を参考に、納 得いくまで複数回打ち合わせをされます。
お見積り掲示し、契約に入ります。施工は、工程表に沿って安全に実施し、お客様に納得いくような形で納品 されます。それぞれの工程を経て完成しますが、常に自分の意見を取り入れながら理想通りの仕上がりを実現するために、密接に業社と関わることが大切で、現 場の立ち合いなども積極的に行う事が大切です。引渡しが終わったら全て終わりではなく、その後のアフターケアなど迅速に対応できる会社選びも大切です。

CONTACT US

各種お問合せはこちらから

ABOUT

TOP